V候補筆頭の大橋悠依が400個メを棄権…競泳日本選手権

大橋悠依は棄権で出場せず(カメラ・竜田 卓) 
大橋悠依は棄権で出場せず(カメラ・竜田 卓) 

 ◆競泳日本選手権 第2日(4日、東京アクアティクスセンター)

 女子400メートル個人メドレーにエントリーしていた19年世界水泳銅メダルで日本記録保持者の大橋悠依(25)=イトマン東進=が棄権した。予選3組にエントリーされていたが、出場しなかった。

 大橋は10月からブダペストで行われていた国際リーグ(ISL)に参戦。200メートル個人メドレーでは短水路日本記録を打ち立てるなど、好調を維持していた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請