【巨人】育成5位・前田研輝、Gのマエケン目指す…坂本&岡本&阿部に続き育成BIGネーム4

都内のホテルで仮契約を結んだ育成ドラフト5位の駒大・前田研輝捕手
都内のホテルで仮契約を結んだ育成ドラフト5位の駒大・前田研輝捕手

 巨人から育成ドラフト5位指名を受けた駒大・前田研輝(けんき)捕手(21)が3日、愛称“マエケン”定着を目標に掲げた。「いつか、言われるように頑張ります」と笑った。

 “マエケン”は憧れだった。広島出身で、幼少期からマツダスタジアムに足を運び、当時、カープのエースだった前田健太の投球をよく生観戦していた。スーパースターと1文字違いの名前ではあったが、周囲から“マエケン”とは「あまり呼ばれなかった」という。Gの“マエケン”の名を広めるべく「早く力をつけたい」と活躍を約束した。

 この日は都内のホテルで支度金300万円、年俸400万円(金額は推定)で仮契約。背番号は「024」に決まった。24番は強打の捕手・大城がつけており、かつては、絶好調男・中畑清氏や高橋由伸氏らが背負った番号。中畑氏は同じ駒大OBであり、ドラフト指名後に対面し「厳しい世界だから、もっと頑張らないといけないぞ」とハッパをかけられたという。

 巨人の今年の育成ドラフトでは、坂本勇人と同姓同名の捕手(6位・唐津商)や、主砲・岡本和真と同姓の岡本大翔内野手(1位・米子東)が話題になっており、阿部慎之助2軍監督と同姓で身長2メートルの阿部剣友投手(8位・札幌大谷高)も指名された。ビッグネームが並んだ中で、二塁送球タイム1・83秒の強肩と長打力が武器の“マエケン”も、本家のような一流選手を目指す。(小林 圭太)

 ◆前田 研輝(まえだ・けんき)1998年12月13日、広島県生まれ。21歳。中学までは一塁、三塁など内野手。広島工で捕手に。甲子園出場経験はなし。駒大では3年秋から正捕手。179センチ、83キロ。右投左打。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請