【都市対抗野球】NTT東日本が準V 先発・沼田優雅は5回途中4失点で降板「僕の責任です」

5回1死一、二塁、右中間に勝ち越しの3ラン本塁打を許したNTT東日本・沼田優雅(右)はマウンドに立ち尽くした
5回1死一、二塁、右中間に勝ち越しの3ラン本塁打を許したNTT東日本・沼田優雅(右)はマウンドに立ち尽くした

◆第91回都市対抗野球大会 ▽決勝 ホンダ4―1NTT東日本(3日・東京D)

 5年連続44度目出場のNTT東日本(東京都)はホンダに敗れ、3年ぶりの優勝を逃した。

 初回に先制された直後の2回1死二塁、7番・喜納淳弥主将の右前適時打で同点とする。しかし5回、先発・沼田優雅投手(27=立正大)が3番・井上彰吾左翼手(29=日大)に勝ち越し3ランを浴びた。その後、ホンダの先発・朝山広憲投手(23=法大)を打ち崩せずに力尽き、黒獅子旗を手にすることはできなかった。

 飯塚智広監督(45)は「選手に勝たせてやれなかった」と肩を落とした。先発の沼田は「僕の失点がなかったらというのがある。僕の実力不足、僕の責任です」と悔しさを隠さなかった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請