渡部建、3日囲み形式で会見 多目的トイレ不倫発覚から半年 TBS系「王様のブランチ」降板決定

アンジャッシュ・渡部建
アンジャッシュ・渡部建

 多目的トイレなどでの不倫騒動で6月から無期限活動自粛中のお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(48)が、スポーツ報知の既報通り、3日に会見を行うことが2日、決まった。所属するプロダクション人力舎が発表した。

 「弊社所属、渡部建につきまして、本人より一連の報道についてご説明させていただく場を12月3日(木)に設けさせていただきます」と囲み取材形式での会見を行うとしている。

 渡部の不倫は6月に週刊文春の報道で発覚。その直後、渡部は所属事務所の公式ホームページで「多大なご迷惑をおかけしたと大変猛省しております」などの謝罪コメントを出したが、公の場に姿を見せることなく活動自粛していた。そのために、会見を開かないことに一部から批判の声が上がっていた。また、日本テレビ系「ガキの使いやあらへんで!」の大みそか特番「絶対に笑ってはいけない大貧民 GoToラスベガス24時!」の収録に参加したと報じられ、“みそぎ”が済んでいないとの声も上がっていた。

 逆風の中にある渡部だが、11月末でMCを務めていたTBS系「王様のブランチ」(土曜・前9時半)の降板が決まっていたこともこの日、明らかになった。TBS広報部は「渡部さんは降板になりました」と説明し、既に番組公式ホームページからは名前が消されている。関係者は「女性をターゲットにした番組の性格上、出演は難しい」としており、当初、人力舎の活動自粛の発表に伴い「出演取りやめ」としていたが、復帰を見据えた行動を起こしたことで「降板」へとかじを切った。

 他のレギュラー番組が復帰を認めるのか降板の判断を下すのか。芸能活動復帰へ、いばらの道となることが確実なだけに、渡部の会見での“答え”に注目が集まる。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×