【ヤクルト】残留決断の石山泰稚は7000万円増で4年契約「自分を必要とされているのが一番」

石山泰稚 
石山泰稚 

 国内フリーエージェント(FA)権を行使せず残留を決めたヤクルト・石山泰稚投手(32)が2日、都内で契約更改交渉に臨み、7000万円増の年俸1億5000万円プラス出来高の4年契約を結んだ。

 残留を決断した要因については「やっぱり自分を必要とされているっていうのが一番強いですし、育ててもらった恩もあるので、こういう契約を頂いて、ヤクルトでずっとしっかり活躍できたらなという気持ちはあります」と心新た。今季はクローザーとして44登板で3勝2敗、20セーブ。「何とか先発の勝ちを消さないように、チームの勝ちを消さないようにというのは来年の目標にしてやっていきたいです」と意気込んだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請