茨城日産が硬式野球部創部…休部の名門・日産自動車で選手、HCだった渡辺等氏が監督 来年にも「東京ドーム」だ

野球部発足を発表した茨城日産の(左から)渡辺等監督、加藤敏彦社長、加藤啓進会長、鈴木雅道部長
野球部発足を発表した茨城日産の(左から)渡辺等監督、加藤敏彦社長、加藤啓進会長、鈴木雅道部長
10月2日に行われた公開練習に参加した来春入社予定の選手たち(茨城日産提供)
10月2日に行われた公開練習に参加した来春入社予定の選手たち(茨城日産提供)

 社会人野球に「日産」が帰ってくる。茨城県内で自動車販売などを手がける茨城日産が、このほど硬式野球部を創部した。監督には2010年から休部している名門の日産自動車で選手、ヘッドコーチとして活躍してきた渡辺等氏(56)が就任。日本野球連盟に加盟登録を申請しており、21年度の都市対抗野球予選から参加予定。渡辺監督は「少しでも早く東京ドームへ」と意気込んでいる。(秋本 正己)

 また、ユニホームを着ることができる。それだけで十分だった。23日に水戸市の同社で開かれた部の発足会見。渡辺監督は「大好きな野球がもう一回できる。素直に感謝したい」と喜びを口にした。

 今治西(愛媛)2年時の81年夏、甲子園に出場し6番・左翼手で8強入りした。高校から日産自動車入りし、94年の社会人ベストナイン(三塁手)を受賞するなど活躍。主将として仲間を鼓舞し、14年間の選手生活を終えるとコーチとしてチームを支えた。野球人生の岐路に立たされたのはヘッドコーチだった2009年2月。本社が不況による経営合理化の一環として同年限りの休部を決定。選手の多くは他社に転籍していった。「自分は長くやらせてもらいましたが、若い選手を日産でやらせてあげたかった」と当時を振り返る。

 10年の休部以降は社業に専念。同部OBによる年に1度の野球教室には参加していたが、野球からは離れていた。「球場には一度も行ったことがありませんでした。業務に追いつくのが必死で…」。ユニホームを脱いで10年が過ぎた今年6月、21年に創業75周年を迎える同社が周年行事の一環として野球部を創部することになり、監督を任された。「(社会人で)やりたくてもできない選手が増えてきた中で、チャンスを与えられたのは素晴らしいこと。お手伝いできれば」と就任を快諾。加藤敏彦社長(55)は「地域社会に満足してもらい、約1900人の社員を盛り上げていきたい」と期待をかける。

 白と赤を基調としたユニホームの胸に「NISSAN」のマークが躍るとはいえ、都市対抗優勝2度、日本選手権優勝1度の名門復活に今すぐつながるわけではない。鈴木雅道部長(69)は「独自で立ち上げたので、日産自動車とは全く関係ありません」と説明。それでも、渡辺監督の下にはOBから「手伝うことがあればいつでも呼んでくれ」と連絡が届くなど“日産復活”へ期待は高まっている。

 部員は今春入社の2人に加え、来春入社予定の大卒21人、高卒2人の計25人。東京六大学出身者、甲子園経験者も含まれている。社業と野球を両立し、練習日は隔週月曜、毎週木曜の午前中と休日。専用球場はなく当面は水戸市民球場などを借りるが、投球練習、打撃練習を2か所ずつできる室内練習場を建設する。年明けにも加盟が認められる見通しで、来年の都市対抗予選から参加予定だが県内には日立製作所、日本製鉄鹿島の強豪が立ちはだかる。「目指すのはバッテリー中心の守りのチーム。日立、日本製鉄と壁は厚いが、できるだけ早く東京ドームに行きたい」と渡辺監督。初年度からトップギアで。やっちゃえ、日産。

 ■監督と元チームメート中込健司コーチ支える 渡辺監督を支えるのが同い年の中込健司投手コーチ。日産自動車では渡辺監督とチームメートで投手、マネジャーとして活躍。2003年から5年間は日産自動車九州の監督として都市対抗2度、日本選手権2度の出場を果たした。「お互いにゼロからのスタートは初めて。茨城とあって“茨の道”かもしれませんが、これまでの経験を生かして明るく前向きにチャレンジしていこうと2人で話しています」と抱負を口にした。

 2人は昭和39年(1964年)度生まれの野球人でつくる「39野球会」のメンバー。チーム発足にあたって中大(清水達也監督)、明大(戸塚俊美助監督)、二松学舎大付高(市原勝人監督)、横浜創学館(森田誠一監督)といった会の仲間が指導者を務める学校から数人が入社。渡辺監督、中込コーチともども「ありがたいことです」と感謝していた。

 ◆日産自動車硬式野球部 1959年創部。本拠地は神奈川・横須賀市。都市対抗野球29度出場で84、98年に優勝。日本選手権は16度出場で2003年に優勝。09年、不況による経営合理化の一環として日産自動車九州(福岡)とともに同年限りで休部となった。同部出身の主なプロ野球選手には池田親興(元阪神など)、川越英隆(元オリックスなど)らがいる。現役は野上亮磨(巨人)、熊代聖人(西武)。ブルーバード(青い鳥)のエンブレムがチームのシンボルだった。

 ◆社会人野球のチーム数 今年4月28日時点で日本野球連盟に加盟しているのは企業(専門学校などを含む)99、クラブ254の計353チーム。1963年に237あった企業チームは不況の影響から2008年には84まで減少。近年はやや増加傾向にあるとはいえ、三菱重工の再編により名古屋、広島の野球部が今季限りで活動を休止するなど取り巻く環境は厳しい。

野球部発足を発表した茨城日産の(左から)渡辺等監督、加藤敏彦社長、加藤啓進会長、鈴木雅道部長
10月2日に行われた公開練習に参加した来春入社予定の選手たち(茨城日産提供)
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請