【楽天】ドラフト4位右腕の亜大・内間拓馬は巨人ドラ1の平内龍太に「落ちる球を教わりたい」

楽天からドラフト4位指名された亜大の内間(右)は契約合意に達し、ガッツポーズ(球団提供)
楽天からドラフト4位指名された亜大の内間(右)は契約合意に達し、ガッツポーズ(球団提供)

 楽天からドラフト4位指名された亜大・内間拓馬投手(22)が30日、都内で入団交渉に臨み、契約金4500万円、年俸820万円(金額はいずれも推定)で合意した。

 「プロになるという実感が沸いてきました」とやる気をみなぎらせて「走者を背負ってもホームを踏ませないようにしたい。最優秀防御率のタイトルを獲得したいです」と具体的な目標を口にした。

 数あるタイトルの中で、最優秀防御率を狙う理由については「勝ち星は打者が打ってくれるからこそつく数字。投手の力が数値化されるのが防御率だと思います。低ければチームから信頼される。大事な一戦を任せられるのは防御率が低く、計算される投手だと思う。そういう投手になるには、最優秀防御率を狙えるように力をつけていくことが大切だと思います」と明かした。

 投球の参考にしているのは、楽天でチームメートとなる岸で動画を通して配球や打者との駆け引きを学んでいるという。持ち球は直球、カーブ、スライダー、カットボール、ツーシームを操るが、今年の日本シリーズなどを通じて「落ちる球がないとパ・リーグでは抑えられない」と痛感。「平内は落ちる球が得意なので聞いて、フォークやチェンジアップを自分のものにしたいです」と巨人からドラフト1位指名された亜大のエース・平内龍太に投げ方などを教わるつもりだ。

 沖縄・宜野座高出身で、仙台はまだ訪れたことがない。「食べ物がおいしいイメージで、自然も豊か。気温は低いのですが、それもいいところの1つ。住みやすい環境だと思います」と杜の都での新生活にも思いをはせた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請