泥臭いイケメン‥ちょっぴり天然の「ヤス」は阪神へ

スポーツ報知
阪神へのトレードが決まった山本泰寛

 山本をひと言で表すなら野球小僧だろう。グラウンドから練習を終え引き揚げてくる姿を見ると、いつもユニホームが泥だらけだった。

 全ては「野球のために」、意外なことにもチャレンジしてきた。時間を見つけては、女性人気のヨガへも通った。レッスンを受けながら、大量の汗を流し、ポーズを取る。「可動域を広げる、そういう効果もあるし、リラックス効果もあるからね」。休養日にはジャイアンツ球場でバットを振る姿を何度も見た。自身のスマートフォンを近くにいた人に渡して、前から、横から、スイングを撮影してもらいフォームを隅々までチェック。休みなく、フル回転を続けてきた。

 慶大時代の仲間らは、大学時代は意外にも周りから「『キャーキャー』と言われるタイプではなかった(笑い)」というが、プロ入り後はその端正な顔立ちと泥臭いプレーで女性ファンも急上昇。それでいて、応援してくれる自身のファンの顔をしっかり覚える、超“ファンサービス”が付くほど、優しさにあふれている。

 ちょっぴり天然で「ヤス」の愛称で、みんなから愛される男。新天地・甲子園でもユニホームが泥だらけになるくらい、黒土を駆け回ってほしい。(巨人野手担当・小林 圭太)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請