【ロッテ】沢村拓一、海外FA行使を正式表明「行使することとなりました」…メジャー挑戦、宣言残留も選択肢

ロッテ・沢村拓一
ロッテ・沢村拓一
報道陣に対応するロッテ・沢村拓一(代表撮影)
報道陣に対応するロッテ・沢村拓一(代表撮影)

 ロッテの沢村拓一投手(32)が30日、今季中に取得条件を満たした海外フリーエージェント(FA)権を行使することを正式に表明した。

 「この度海外FA権を行使することとなりました。権利を取るに当たってジャイアンツ、ロッテ数多くの人に支えていただきましてこの権利をとることができたので本当に感謝しています。家族とも話しましたし親しい友人と話す中で思い切って行使させていただこうかなと思いました。日米42球団と(交渉が)可能になりましたので、もちろんアメリカの移籍、ロッテに残る、日本国内の移籍。全て考えられる中で自分が一番必要としてくれる球団で腕を振りたいなという気持ちです」とコメントした。

 今季は9月8日に香月とのトレードで巨人から移籍した後、22登板、13ホールド、防御率1・71をマークしチームに貢献してきた。

 海外FA権を取得した10月17日には球団を通じ「チームが優勝争いをしているので今はそのことしか考えていません」とコメント。全日程終了後も熟考を重ねてきた。

 ロッテはFA宣言後の残留を認めていて、今後はメジャー移籍を目指して米球団との交渉を進めながら、残留も選択肢に入れて来季の進路を決めていく。

ロッテ・沢村拓一
報道陣に対応するロッテ・沢村拓一(代表撮影)
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請