鳩山由紀夫元首相、秘書の有罪確定の河井案里被告に“勧告”「潔く議員辞職されることをお勧めする」

スポーツ報知
鳩山由紀夫氏

 鳩山由紀夫元首相(73)が30日、自身のツイッターを更新。参院議員の河井案里被告(47)が初当選した昨年7月の参院選広島選挙区を巡り、最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)が車上運動員に違法報酬を支払ったとして公選法違反(買収)の罪に問われた公設秘書・立道浩被告(55)の上告を棄却する決定をしたことについて、コメントした。

 この日、「河井案里参議院議員の公設秘書が運動員に違法に報酬を払ったことで有罪が確定した」と書き始めた鳩山氏。

 「今でも買収行為が平然と行われていることに暗澹たる思いだ。連座性が適用されいずれ失職となるが、潔く議員辞職されることをお勧めする。問題は与野党問わず買収行為を行なっている現職議員が後を絶たないことだ」と、厳しく続けていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請