宝塚宙組トップ娘役・星風まどかが来年2月に専科に異動 後任は潤花

スポーツ報知
星風まどか

 宝塚歌劇団は30日、宙組トップ娘役の星風まどかが、来年2月22日付で専科へ異動すると発表した。また、同日付で次期トップ娘役に潤花(じゅん・はな)が就任することが決まった。

 星風は2014年入団の100期生。歌唱力や華やかさで早くから台頭し、17年11月にトップ娘役就任した。現在、宝塚大劇場公演「アナスタシア」でタイトルロールを務めている。来年4月6日から宝塚ホテルで行われるミュージック・サロン「夢みるMadonna」で専科生として始動する予定。

 トップスター・真風涼帆の2代目パートナーとなる潤は2016年に第102期生として入団。今年9月に雪組から宙組に組替えされた。芝居に定評があり、明るいルックスで人気。来年4月10日に東京建物BrilliaHALLで初日を迎える「Hotel Svizra House ホテル スヴィッツラ ハウス」が新トップ娘役お披露目公演となる。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請