【東京V】マスコットも世代交代? ヴェルディ君とリヴェルンが二番勝負

東京Vはマスコットの二番勝負を実施する
東京Vはマスコットの二番勝負を実施する

 J2の東京Vは30日、2021年にマスコット総選挙が実施された場合、公式マスコットのヴェルディ君とリヴェルンのどちらが出場するかを決める二番勝負を実施すると発表した。

 1993年にJリーグが開幕して以来、親しまれてきたヴェルディ君。だが今年のJリーグマスコット総選挙では53チーム中49位と低迷するなど、近年は散々な結果となっている。そんな中、ヴェルディ君がずっと温めてきた卵から、今年5月にリヴェルンが孵化(ふか)。無事にスタジアムデビューも果たし、愛される存在として認知されてきた。

 ただリヴェルンが誕生したことで問題も発生。2021年のJリーグマスコット総選挙には、ヴェルディ君とリヴェルンのどちらが代表として参加するのかということ。クラブ内で多くの協議を重ねたが結論は出ず。ファン、サポーターに決定を委ねることになり、二番勝負を実施することになった。

 第1弾はリツイート対決。リヴェルン、ヴェルディ君の公式ツイッターアカウントで発信した、各リツイート数で勝負する。対決期間は、11月30日から12月4日正午まで。

 第2弾はオリジナルグッズ販売数対決。クラブの公式オンラインストアにて販売する、二番勝負のオリジナルグッズ販売数で勝負する。グッズの詳細は12月5日に発表する予定で、対決期間は同7日正午から同11日午後11時59分まで。

 結果発表は12月13日の午後3時。味の素スタジアムで行われる長崎戦のハーフタイムに、スタジアムの大型ビジョンで発表する。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請