【中日】祖父江大輔、倍増一発サイン 球団抗議文騒動一夜明け3投手の交渉“無風の一日”

契約更改交渉に臨み一発サインした祖父江
契約更改交渉に臨み一発サインした祖父江

 3選手が契約更改を保留し、日本プロ野球選手会から抗議文が送られる騒動に発展した中日で29日、祖父江大輔(33)、柳裕也(26)、育成・松田亘哲(23)の3投手が更改交渉に臨み、いずれも一発サインした。抗議文送付の発表から一夜明けのナゴヤ球場は、ひとまず無風の一日となった。

 最優秀中継ぎのタイトルを獲得した祖父江は倍増の7000万円、登板15試合で6勝7敗に終わった柳は400万円ダウンの4100万円でサイン。選手会副会長を務める柳は1時間の交渉後、「選手と球団が歩み寄って話をすることが大事」と強調した。メディアに対する自らの発言が抗議文のきっかけとなった加藤宏幸代表(62)は改めて「情状部分(プラス)はない」とクギを刺す一方、「懇切丁寧に解説して、納得してサインをしてもらわなければいけないのは重々感じている。理解を深める努力は惜しまない」と厳粛に受け止める姿勢を示した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請