【楽天】石井一久監督、来春は第2クールから紅白戦宣言&ユニ「似合うように」5キロ減量も宣言

 楽天・石井一久新監督(47)が楽天生命パークでの秋季練習を打ち上げた29日、来春のキャンプを「実戦キャンプ」とする方針を示した。第2クールからシート打撃や紅白戦を組み込む予定で「実戦の中でしか試せないチーム方針もある。練習の中で学ぶより実戦を増やしたい。早めの紅白戦の中から補っていくものを構築したい」と見据えた。

 今春は紅白戦を行わず、2次キャンプ中の2月13日の練習試合が初実戦だった。準備もより早くなるが、実戦形式の練習だからこそ養える力がある。攻撃面では、今季一塁走者が単打1本で三塁へ到達する確率は12球団で「2位ぐらい」だったというが「逆に二塁からホームにいくのは10位ぐらい。一塁からと二塁からの走塁能力の差がすごくあった」。実戦形式で走者の判断能力などを育み、得点力もさらに高くしていく。

 また、秋季練習初日に「5XLがなかったので」と話していた指揮官のユニホーム姿はお預けに。「なるべくユニホーム姿が似合うように、5キロぐらい痩せて準備したい」と自らにも宿題を課した。この日は参加選手へ「2月に来た時にポジションを勝ち取れるように頑張ってください」と訓示した。例年より短いオフで充実の時を刻み、2月を迎える。(田中 哲)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請