初音ミクが2日間で6公演の超ハードスケジュールライブ完走 「マジカルミライ2020」大阪会場

ステージで熱唱する初音ミク
ステージで熱唱する初音ミク

 バーチャルシンガー「初音ミク」が29日、ライブと企画展を併催したイベント「初音ミク『マジカルミライ2020―夏まつり―』」(大阪・住之江区のインテックス大阪)において、2日間6公演という超ハードなステージを終えた。

 新型コロナ禍に伴う延期を経て、27日に開幕した大阪のマジカルミライ2020。今回のライブは徹底した新型コロナウィルス感染防止対策のもと、客席は前後左右を空けるなど、収容人数を50%にしてソーシャルディスタンスを確保。それに伴い、1日あたり1公演を追加。例年、大阪会場は1日2公演を2日間行う4公演開催だが、「―2020」では28、29日の両日に1日3公演、2日間で6公演の超ハードスケジュールに。

  • 座席の前後左右を空きにした観客席
  • 座席の前後左右を空きにした観客席

 そんな”厳しい状況“でも、歓声の代わりに大きな拍手を受け、イメージカラーの青緑色のペンライトに照らされたステージに立ったミクは「やっと会えたね! こうしてライブ会場でみんなと会えて本当にうれしい! 久しぶりのライブ、最高に盛り上がろう!」と力強くあいさつ。初お披露目となる「マジカルミライ2020」テーマソング「愛されなくても君がいる」や「―2020」楽曲コンテストグランプリの「まるいうなばら」など、新鮮味あふれるセットリストでファンを楽しませると、最後まで”疲れたそぶり“を一切見せず、「みんな~! 愛してるよ!!」と呼びかけ、長丁場を笑顔で終えた。

 12月18~20日に「―Winter Festival―」として千葉・幕張メッセで行われる東京会場では、3日間で7公演を開催する。

ステージで熱唱する初音ミク
座席の前後左右を空きにした観客席
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請