【楽天】石井一久監督が5XLからの“ダイエット宣言”「ユニホーム姿似合うように5キロ」

練習前、コーチ陣と話し合う楽天の石井新監督(右から2人目)
練習前、コーチ陣と話し合う楽天の石井新監督(右から2人目)

 楽天は29日、仙台市内の楽天生命パークで行われていた秋季練習を打ち上げた。最終日もジャージー姿で練習を視察した石井一久GM兼監督(47)は、来春のキャンプまでに5キロの減量に挑む意向を示唆した。

 まさかの“ダイエット宣言”だ。監督として初めて迎えた秋季練習は「僕の5XL(サイズのユニホーム)がなかったので」という理由から、最終日までジャージー姿を通した。いつユニホームを着用するのかを問われると「なるべくユニホーム姿が似合うように、しっかりと5キロくらい痩せて、準備していきたいなと思います」と冗談っぽく笑った。

 秋季練習には、2年目の辰己涼介外野手(23)ら主に若手選手が参加していた。練習前に指揮官は「ここにいるみんなが、来年1つでも成績を上に上げることが、チームの成績に直結してくると思います」などと訓示。期待の若手に、さらなる成長を求めた。

 ダイエットは冗談かもしれないが、チームを強くしたい思いは誰より強い。石井新監督は「ここからが大事になってくる。(選手は)しっかりとオフシーズンを過ごしてもらって、2月に備えて欲しい」と期待を込めた。チームをさらに大きく成長させるため、全力を尽くしていく。(高橋 宏磁)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請