【阪神】甲子園での秋季練習を打ち上げ 午後からは大掃除

甲子園球場での秋季練習を打ち上げた阪神ナイン(カメラ・石田 順平)
甲子園球場での秋季練習を打ち上げた阪神ナイン(カメラ・石田 順平)

 阪神が29日、15日から行っていた甲子園での秋季練習を打ち上げた。午前中はシートノック、投内連係など守備重視のメニューをこなし、午後からは打撃練習、走り込みと充実した内容をこなしてきた。矢野燿大監督(51)は「若い選手がフェニックスに行っていますけど、中堅というか、そういう選手が課題をしっかり持ってやってくれました。いい練習ができました」と手応えを口にした。

 例年は高知・安芸で秋季キャンプを行っていたが、新型コロナウイルスの感染拡大もあり、甲子園に変更。最後は円陣で主将の糸原が「来年は矢野監督を胴上げしましょう!」とあいさつし、一本締めを行った。

 全メニュー終了後はナインが球場のダッグアウトやクラブハウスを大掃除する。指揮官は「こっちで秋季練習をやったからこそというか、汚れている部分もあるんでね。掃除したら気持ちもスッキリする。1年間、お世話になった場所なんで、みんなでそういうことをやっていいんじゃないというところでね」と説明した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請