【DeNA】ドラ6左腕の静岡商・高田琢登、背番号56に決定「茂野がアニメで付けていたイメージ」“MAJOR”級投手になる

スポーツ報知
三浦監督からのメッセージとスターマンのぬいぐるみを手に笑顔を見せる静岡商・高田

 DeNAからドラフト6位で指名された静岡商・高田琢登投手(18)が28日、静岡市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金2500万円、年俸470万円(金額は推定)で仮契約した。野球漫画「MAJOR」の主人公・茂野吾郎と同じ背番号56に決まった左腕は「自分も同じ速球派として勝負していきたい」ときっぱり。“メジャー級”の投手になり、将来的には三浦大輔新監督(46)の代名詞「18番」を目指す。

 高田の記念すべきプロ初背番号は「56」に決まった。担当の中川スカウトが現役時に楽天で付けていた番号でもあるが、感想を問われると「MAJORの茂野がアニメで付けていたイメージ」と回答。最速148キロを誇る左腕は「自分も速球派としてやってきた。そこで勝負していきたいと思っている」と、160キロ超の直球を放るアニメ主人公ばりの活躍を頭に描いた。

 球団からは三浦新監督の直筆サインと「結束」と書かれたメッセージを受け取り「本当にうれしいです」。指揮官は高田と同じ高卒6位でプロ入りし「46」でキャリアをスタート。初めて2ケタ勝利を挙げた翌年の98年(7年目)から「18」に昇格。以降チームの顔であり続け、通算172勝を挙げた。DeNAでは来季「18」が空き番とされ、ふさわしい選手を見極める争奪戦が繰り広げられる。

 同じ左腕でドラフト3位の松本隆之介(18)=横浜=も将来的にエースナンバーに立候補していることを報道陣から伝え聞くと「自分も良きライバルとしてやっていく」と意気込んだ。蒲原リトルシニアに所属した中学時代に秋季南関東大会で敗れて以降、ずっと意識してきた存在。「切磋琢磨(せっさたくま)がモットー」と最速152キロの同級生と競り合いながら、“ハマのエース”襲名を目指していく構えだ。

 年明けには新人合同自主トレなど、本格的なプロ人生が始まる。現在は球団から課された上半身、下半身の筋トレ、ランニングなどで体力強化に努めており、77キロの体重を「あと5キロは増やしたい」と具体的な数字も設定している。メディカルチェックで球団施設を訪れた際に投球動作の解析など最先端の機器がそろっていることも知り高田は「興味があります。フォームを見直したい」と目を輝かせた。未来は自分の手で切り開いていく。(武藤 瑞基)

 ◆高田 琢登(たかだ・たくと)2002年9月18日、静岡市生まれ。18歳。小4から船越リトルグリーンズで野球を始め、蒲原リトルシニアでは日本代表入り。高校は父・晋松氏が監督を務める静岡商に入学。甲子園経験はないが、3年夏静岡大会は5試合に登板し22回1/3で9失点、32奪三振。178センチ、77キロ。左投左打。家族は両親と姉。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請