【ソフトバンク】ドラフト2位の笹川吉康が契約金6000万円、年俸600万円で仮契約「トリプルスリーを達成できるような選手になりたい」

スポーツ報知
柳田2世として期待されるソフトバンク2位の笹川吉康

 ソフトバンクのドラフト2位、横浜商の笹川吉康外野手(18)が28日、横浜市内のホテルで契約金6000万円、年俸600万円で仮契約を結んだ。チームの野手では水谷と並ぶ最高身長の193センチの恵まれた体を持つ左の大砲候補。「トリプルスリーを達成できるような選手になりたい」と力を込めた。

 高校通算40本塁打の長打力に加え、50メートル6秒2の俊足も持ち合わせる“柳田2世”だ。「初球、ファーストストライクからフルスイング」の持ち味もギータと合致。「メジャーの原石。夢の物件」と、潜在能力に太鼓判を押す福山アマスカウトチーフも「規格外」と何度も繰り返した。笹川も「機会があれば話を聞いてみたい」と柳田、そして王会長への弟子入りを志願した。

 横浜商のチームメートらからは、豊臣秀吉、徳川家康の天下人2人が由来になっている名前の「ヨシヤス」を短縮し「ヨスヨス」と呼ばれているという。柳田のように「規格外」の一発を放てるスラッガーになるため、夢の詰まったフルスイングを続ける。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×