【巨人】“日本シリーズ第5戦”は1―11で大敗 2軍ソフトバンク戦

2回、投手交代を告げる阿部慎之助2軍監督(左)
2回、投手交代を告げる阿部慎之助2軍監督(左)

◆みやざきフェニックス・リーグ ソフトバンク11―1巨人(28日・アイビー)

 巨人2軍がソフトバンク2軍に大敗した。

 先発・太田龍投手(22)が初回でいきなりつかまり、打者11人の猛攻で7失点KO。2回から登板した2番手の堀岡隼人投手(22)も3四球のあと味方の失策が絡んで2失点した。

 攻撃陣もソフトバンク先発・奥村を打ち崩せず、4回までわずか1安打。5、6回を尾形、7回を川原に封じられた。8回に山本泰寛内野手(27)が高橋純から左越え適時打を放って1点を返したものの、0封負けを阻止するのがやっとだった。

 日本シリーズでは球団ワーストの13失点あり、あわやノーヒットノーランでの敗戦ありと、王者・ソフトバンクの圧倒的な力にねじ伏せられ、屈辱の2年連続4連敗。2軍がリベンジに挑んだが、完膚なきまでにたたきのめされた。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請