【ヤクルト】奥川恭伸、来春1軍キャンプ内定…自己最長6回無失点で1年目締めた

奥川恭伸
奥川恭伸

◆みやざきフェニックス・リーグ ヤクルト4―0阪神(27日、都城)

 ヤクルト・奥川恭伸投手(19)が27日、秋季教育リーグ「みやざきフェニックス・リーグ」で阪神戦(都城)に中7日で先発。自己最長の6回、最多の86球を投げ、打者18人に1安打無失点、毎回の7奪三振、1与四球と上々の内容でプロ1年目を締めた。高津監督は来春の1軍キャンプに帯同させる考えを明かした。

 終わりよければすべてよし。奥川が2年目につながる圧巻の投球を披露した。「来季に向けて、1軍で勝つためにしっかりと練習、試合をしていきたいです」と意気込む秋。この日の最速は150キロ。1年目は決してすべてが順風満帆ではなく、プロ初勝利も来季にお預けとなったが、最後まで期待を膨らませた。

 指揮官は今春のキャンプも1軍に帯同させるプランだったが、右肘の軽い炎症で2軍からのスタート。来春の振り分けについて「普通にいけばそうなる(1軍)だろうね。ファームからスタートする理由はないよね」と明言した。「開幕に合わせられるかどうか、1年間投げるスタミナがあるかどうか、先発としてまわっていけるのかどうかというところは自主トレやキャンプで見極めていかなくてはいけないと思います」と高津監督。短いオフで飛躍の土台を築いていく。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請