【楽天】塩見貴洋が国内FA権を行使せず残留を表明「楽天で優勝したい」

塩見貴洋
塩見貴洋

 楽天・塩見貴洋投手(32)が27日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今年取得した国内FA権を行使せず、残留することを表明した。「サインはしました。(残留は)すぱっと決められたかなと思います。ここ数年は結果を残せなかった。あとは2013年の優勝の時に僕は輪に入っていない。楽天で優勝したいという思いが強かった」と思いを口にした。

 プロ10年目の今季は自身4年ぶりの開幕ローテ入りを果たすと16試合に先発し4勝8敗、防御率4・80。「前半は調子も良くなかったですが、途中からは本来の投球ができた。最後は(10月16日・ソフトバンク戦で)腰を痛めて離脱したのが悔いが残る」と振り返った。

 来季へ向けては「成績は満足していないですし、やらないといけないという思い。1年間健康で野球をやる。その中で1軍で活躍する」と力を込めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請