【ロッテ】ドラフト2位・明石商高の中森俊介が仮契約 契約金6000万円で「大改造!!劇的ビフォーアフター」

スポーツ報知
ロッテと仮契約を結んだドラフト2位の明石商高・中森俊介

 ロッテにドラフト2位で指名された明石商高(兵庫)の中森俊介投手(18)が26日、神戸市内のホテルで仮契約を結んだ。契約金6000万円、年俸720万円(金額は推定)。昨年の甲子園で春夏連続で4強入りした最速151キロ右腕は、両親のために契約金で新居を購入することを明かした。

 「大改造!!劇的ビフォーアフター」だ。契約金の使い道を問われた中森は「実家がボロいので、早く買ってあげたい。たまに帰省したときに、穴が空いてたりして危ない」と切実な悩みを会見で漏らした。

 母・美幸さん(42)によれば、兵庫・丹波篠山市の自宅は築42年で「ボロいんです。命にかかわる。ロッテさんと契約する前に、本人と契約していました」と冗談を交じえながら、自宅近くに新居を建ててもらう約束をしていたことを明かした。

 中学3年時に夏休みの課題として応募した「家族へ思いを届けようプロジェクト」で、兵庫県内の特別賞を受賞した際も、「プロ野球選手になって必ず親孝行します」というメッセージを両親に送っており、有言実行する。

 「1年目から15勝できるように。母が心配そうなので、早く1軍で活躍している姿を見せて安心させられるように頑張りたい。ピンチでも動じない精神や強気の投球が持ち味」と中森。マウンドでは「匠」な投球を見せる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請