南原清隆、コロナ禍で「人と人の絆がやっぱり大事」と実感 大みそかは自宅でウッチャンの雄姿見届ける

2人芝居「あんまと泥棒」の公開ゲネプロを行った南原清隆(右)と近藤芳正
2人芝居「あんまと泥棒」の公開ゲネプロを行った南原清隆(右)と近藤芳正

 お笑いコンビ・ウッチャンナンチャンの南原清隆(55)、俳優の近藤芳正(59)が26日、東京・下北沢の本多劇場で2人芝居「あんまと泥棒」(27~29日)の公開ゲネプロを行った。

 欲張りで強情な盲目のあんま(南原)と、あんまの元に忍び込んだ人のいい泥棒(近藤)による人情喜劇。1951年にNHKラジオドラマで放送され、66年に舞台化した。2019年、南原と近藤のコンビが愛媛・喜多郡の内子座で2公演限りで上演し、1年ぶりに復活した。

 南原は「2人芝居なので密になることもなく、2人とも(PCR検査が)陰性だったので、やらせていただいております。この作品を通して今だからこそ、ほっこりとした気持ちになれれば」とコメント。南原の出演は、近藤の希望で実現した。近藤は南原の魅力を「役と素の出入りがスムーズにやれる方。なかなか役者にはできないことをしている」とたたえた。

 昨年の会場である内子座は、大正時代から100年以上続く芝居小屋。南原は「当時は平和だったので、お客さんがいる桟敷に降りて、地元の方と交流した。お芝居の原点に返れるような場所でやりました」。近藤も「初体験の興奮。お客さんとの一体感がめちゃくちゃ楽しかった」と笑顔で振り返った。

 今回は“小劇場の聖地”とも呼ばれる本多劇場での開催。さらに、コロナ禍の状況下でもある。「現代の状況下に合わせた脚色もしています。江戸時代の話しですが、当時も伝染病がはやったということで共通点を考えてやらせていただいた」と南原。現状に寄り添いながら、2人でコロナ禍の憂うつを吹き飛ばす。

 南原といえば、日本テレビ系「ヒルナンデス!」のメインMCとして外出自粛期間中のお茶の間に彩りを添えた。この1年を振り返り「人と人の絆がやっぱり大事だと気づかされた」としみじみ。相方・内村光良(56)も大みそかのNHK紅白歌合戦の総合司会を4年連続で務めることが決定し「ウッチャンが頑張っているので、僕も家で楽しませていただきたい」。相方の雄姿を見届けて、未曾有の1年を締めくくるとした。

 近藤はコロナ禍において、名優・津川雅彦さん(18年死去、享年78)が生前よく口にしていた「起きたことが正解」という言葉を思い出していたという。「仕事の予定も全部変わっている状況。くじけそうになった時は、自分自身の指針の言葉になっている」。一方、南原は津川さんの言葉に共感し「津川さんは『起きたことが正解』。僕だったら『朝起きられたら爽快』ですね」と話し、笑いを誘った。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請