武井壮 環境省アンバサダー就任「たしかにあの人は百獣の王だなという活動を」

環境省のイベントに出席した左から武井壮、小泉進次郎環境相
環境省のイベントに出席した左から武井壮、小泉進次郎環境相

 タレントの武井荘(47)が「気候変動×スポーツ」という取り組みを盛り上げるため、環境省の「サステナビリティ広報大使」に就任した。26日、都内で行った就任イベントには小泉進次郎環境省と橋本聖子五輪相も出席。東京五輪・パラリンピックにおける気候変動対策などについて意見を交わした。

 小泉氏は「CO2ゼロとか、再生可能エネルギー100%とかこういったものをどれだけ日常生活に落とし込んでいけるか。来年のオリンピックがひとつのスタートとなる」と来年行われる予定の東京五輪・パラリンピックでの環境活動をアピール。

 妻でフリーアナウンサーの滝川クリステルとも環境問題についていろいろな話をするといい、「芸能界の中にも環境問題を考えている方はいっぱいいる。武井さんを通じて芸能界にもこういう動きを高めてほしい。今日から環境省の一員としてお願いします」と笑みを浮かべた。

 武井は「僕ほんとに地球が大好きで、動物も人間も大好き。世の中の人からたしかにあの人は百獣の王だな、広報するにふさわしいなという活動をこれからしていきたい」と決意を表明。まずは、「うちのサッカーチームに本田圭佑くんがいるので彼らのようなレジェンドの力を少しお借りして、発信していこうよという声かけをしたい」とアスリート界、芸能界の身近なところから環境問題への取り組みを促していく。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請