【巨人】屈辱のワースト記録更新日本シリーズに…打線が4戦最少の計16安打、最多41三振で初の2年連続4連敗

戦況を見つめる原辰徳監督
戦況を見つめる原辰徳監督

◆SMBC 日本シリーズ2020第4戦 ソフトバンク4―1巨人(25日・福岡ペイペイドーム)

 巨人が日本シリーズ史上初の2年連続4連敗で敗退した。

 初回の攻撃で打線が無死二塁から坂本が適時二塁打を放って4戦目で初めて先取点を奪ったが、先発・畠が2本の2ランを浴びて2回途中4失点でKOされた。

 その後は大江、戸郷、ビエイラ、中川らが無失点リレーでつなぎ、打線の反撃を待ったが、ソフトバンクの強力投手陣の前に屈した。

 4試合のチーム総得点4は日本シリーズ最少タイ。総安打16は4試合のシリーズ最少で41三振は4試合のシリーズ最多でいずれもワースト記録を更新することになった。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請