【ソフトバンク】日本シリーズ史上初の2年連続4戦全勝 V9巨人以来、パ初の4連覇

日本一を決め、甲斐拓也と抱き合う森唯斗(左)(カメラ・橋口 真)
日本一を決め、甲斐拓也と抱き合う森唯斗(左)(カメラ・橋口 真)

◆SMBC 日本シリーズ2020第4戦 ソフトバンク4―1巨人(25日・ペイペイドーム)

 ソフトバンクが日本シリーズ史上初となる2年連続の4戦全勝で、V9の巨人(1965~73年)以来、2チーム目の4連覇を果たした。V4はパ・リーグでは初。新記録を更新する日本シリーズ12連勝。ポストシーズンの連勝と日本シリーズの本拠地での連勝をともに16に伸ばした。 

 ソフトバンクは初回に今シリーズ初めてリードを許したが、その裏に柳田悠岐外野手(32)の1号2ランで逆転。2回は甲斐拓也捕手(28)の2号2ランで加点した。

 先発の和田毅(39)が2回1失点で降板したが、松本裕樹(24)、嘉弥真新也(31)、高橋礼(25)、岩崎翔(31)、リバン・モイネロ(24)、森唯斗(28)の継投で逃げ切った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請