橋下徹氏、再度の時短営業要請をバッサリ「もう、我慢の限界。国民は従う必要がない時期に来ている」

スポーツ報知
橋下徹氏

 25日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)では、「第3波」とされる新型コロナウイルスの感染拡大の中、大阪府が飲食店などに午後9時までの時短営業を要請、休業補償金として50万円を支給する方針を固めたことを速報した。

 コメンテーターで出演の元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(51)は今回の動きについて、「前から言っているけど、ルールがないから大混乱しているんですよ」とコメント。

 「吉村(洋文大阪府知事)さんが50万円を出すと言いますけど、50万円の根拠はなんなんですかと。規模によっても店の営業形態でも全然違うし」と続け、「吉村さんも十分分かっているんだけど、今、なんのルールもないから適当に、つかみガネで『50万!』って。どんな規模でも『午後9時から休んでね』なんて(要請に)もう、我慢の限界。国民は従う必要はない時期に来ていると思います」と断言した橋下氏。

 「みんな、ご飯を食べていくのに必死なんですから。国民に甘えて要請でなんとか乗り切ろうとしている政治家の尻をたたく意味でも、生活に本当に困ってしまうような人たちは従う必要がないと思います。なんの強制力もないんだから、国の方にルールを作らせることが必要なんじゃないかと思います」と続けていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請