立川志らく、GoToイート見直しに「『とりあえずやってますよ』で非常に危険」

立川志らく
立川志らく

 25日放送のTBS系「ひるおび!」(月~金曜・前10時25分)では、「第3波」とされる新型コロナウイルスの感染拡大の中、特に重症者数が急増していることを特集した。

 政府がGoToトラベルに続き、GoToイートキャンペーンについても一時停止、利用自粛の動きを見せていることについて、コメンテーターで出演の落語家・立川志らく(57)は「非常に危険だなと思うのは、国は本当に感染を止める気があるのかな」と、まず疑問を呈した。

 「GoToイートは一時取りやめでも、ご飯を食べに行っちゃいけないわけではない。時短要請もするかも知れないけど、そんなことをするよりも、もっと感染対策を徹底した方が私はいいと思う。経済は回しちゃっているし」と続けると、「とりあえず国はやってますでなく、家族で行く、恋人、カップルで行く分にはいいけど、宴会はダメと。他人が複数集まると飛沫が飛ぶから、それは自粛して、店は徹底的にアクリル板を横と前と置くと。それなら、このGoToイート見直しとか自粛とかの『とりあえず、やってますよ』より大事な気がする。これから一番、人が動くのは年末年始ですよ。それでも経済回したいんだから」と問題提起していた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請