金子恵美氏、安倍前首相の「桜を見る会」疑惑に「ポイントは買収というか寄付行為…相手が地元後援会だと有権者ですから、完全にアウト」

スポーツ報知
金子恵美氏

 25日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)で、安倍晋三前首相の後援会が主催した「桜を見る会」前日の夕食会を巡り、安倍氏周辺が東京地検特捜部の任意の事情聴取に対し、ホテル側への支払いの一部を補填したと認めていることを報じた。

 安倍氏は、これまで国会で支払いについて「費用は参加者が負担。一切収支はない」などと答弁してきた。ただ、安倍氏側が昨年までの5年間、支払総額と参加者から集めた会費との差額を負担し、多い年で約250万円を補填した可能性があることも判明した。さらにホテル側の領収書に5年間の総額で少なくとも800万円以上を事務所側が負担したと記載されていたことが分かった。特捜部が立件の可否を検討している。

 関係者によると、安倍氏は問題発覚後の昨年末、事務所に確認した際、秘書が「会費以外の支出はない」と回答。この秘書は政治資金収支報告書に記載していなかったため、事実と異なる説明をしたという。

 コメンテーターで元衆院議員の金子恵美氏は「私の経験上でいうと当選回数が少なかったり、世襲議員じゃなかったりすると議員本人が非常に細かいところまでお金の流れを見たりする」などとした上で「安倍さんの事務所の規模になると先代からの昔からのスタッフになったりすると任せきっていたこともあると思うし、大きいお金に関しては、細かいところまで総理という公務があるなかで事務所の中をチェックすることができなかったかもしれない」とコメントした。

 これに小倉智昭キャスターは「ただ選挙区の人たちに接待をしたということになるんですか?これが事実だとすれば」と尋ねると金子氏は「ポイントは買収というか寄付行為なので、相手が地元後援会ということになると有権者ですから、完全にアウトですよね」と指摘していた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請