【楽天】ドラ1早川隆久、石井監督の一番弟子に「積極的に話を聞いてみたい」

スポーツ報知

 楽天のドラフト1位指名を受けた早大・早川隆久投手(22)が24日、都内で入団交渉に臨み契約金1億円、年俸1600万円で合意した。4球団競合で当たりくじを引いた石井GMが、ドラフト後に監督兼任となることが決定。「当たりくじを引いて下さった方なので、いい縁だと思います」と喜んだ。

 直球とスライダーを武器に三振を量産するMAX155キロ左腕は、日米通算182勝の石井監督と共通点が多い。「プロとして長年の経験がある方なので、自分から積極的に話を聞いてみたいです」と新指揮官の一番弟子に名乗りをあげた。

 最も知りたいのは、春秋のリーグ戦がメインの大学と違い、半年以上の長丁場となるプロでの調整法。「1年間をどのような形で乗り越えていくのか。1年間の戦い方を教わりたい」。撮影用のボールには「開幕一軍」と堅実な目標を書き込んだ。究極の目標は本格派投手の最高峰。「今年は同じ左の大野(雄大=中日)さんが沢村賞をとられた。自分も沢村賞をとれる投手になりたい」と言い切った。(星野 和明)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請