【ジャパンC】トレセン全休日に福永が異例訪問でコントレイルの状態を確認「ずいぶん良くなっていた」

福永祐一騎手を背に坂路でキャンター調整するコントレイル
福永祐一騎手を背に坂路でキャンター調整するコントレイル

 ジャパンC・G1(11月29日、東京競馬場・芝2400メートル)に出走するコントレイル(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)が24日、栗東トレセンで福永祐一騎手を背に坂路を軽く駆け上がった。23日まで競馬開催があり、この日はトレセンが全休日で、福永が駆けつけるのは異例。「(確かめたかったのは)良化度合い。金曜日(20日)よりもずいぶん良くなっていた。歩いているときの雰囲気も良かった」と納得の表情を浮かべた。

 福永が乗った18日の1週前追い切りは、栗東・CWコースの3頭併せで先着を許した。20日はいつものルーチンでゲートでの駐立の確認などを行った。「4日しかたっていないけど、馬は良くなっていた。(時計が)速くなれば動きが紛れて分からなくなるからね。走る馬なら、なおさらそうだから」と、最終追い切り前日にキャンターで走って状態を確認した。

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×