【都市対抗野球】NTT西日本が昨年4強の東芝を撃破 4月に他界した中井選手にささげる白星

4回無死、左中間に先制のソロ本塁打を放ち生還するNTT西日本・西川雄大
4回無死、左中間に先制のソロ本塁打を放ち生還するNTT西日本・西川雄大

◆第91回都市対抗野球大会 ▽1回戦 NTT西日本6―0東芝(23日・東京ドーム)

 6年連続31度目出場のNTT西日本(大阪市)が、12年連続42度目出場で昨年4強の東芝(川崎市)を破り、8強入りした昨年に続いて1回戦を突破した。浜崎浩大投手(30=東日本国際大)が8回を2安打9奪三振と好投した。

 遊撃のレギュラーだった中井諒さんが4月13日に骨肉腫のため23歳の若さで他界した。中井さんが着た背番号6のユニホームをベンチに掲げ、選手は左袖に喪章をつけて試合に臨んだ。

 NTT西日本は4回、日本製鉄広畑からの補強選手・西川雄大三塁手(24=関西国際大)のソロ本塁打で先制。5回は西川の3点二塁打と長田涼平一塁手(30=愛知学院大)の左前適時打で4点を加えた。8回は日下部光左翼手(24=大商大)の三ゴロの間に1点を追加した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請