【オリックス】育成3位ルーキー中田惟斗、“由伸ロード”突き進め…中嶋監督称賛「使いたくなる投手」

ヤクルト戦で好救援を見せた育成の中田
ヤクルト戦で好救援を見せた育成の中田

 みやざきフェニックス・リーグを視察中のオリックス・中嶋聡監督(51)が22日、育成3位ルーキーの中田惟斗投手(19)に熱視線を送った。ヤクルト戦(SOKKEN)の好救援に「使いたくなる投手」と称賛。山本由伸と同じ出世ロードを歩ませる方針を示した。

 大阪桐蔭出身の右腕は突然の出番にも動じなかった。2点リードの7回無死一、二塁で血マメを潰した竹安に代わり2番手で登板。初球に自己最速更新の150キロを計測すると、相手3、4番を連続三振。2死からポテンヒットで1点差に迫られたが、打者4人を1安打に封じた。「メンタルは強い方。やってやろうという気持ちしかなかった」と、支配下登録入りをアピールした。

 今季、ウエスタン・リーグでは、救援で21試合に登板し、1勝2敗3セーブ、防御率4・09。指揮官は「(先発の)可能性は外せないが、現状は1、2回で爆発させた方がいい。(山本)由伸もそうだった」。プロ2年目の救援経験を経て、先発の柱へと成長した先輩を引き合いに期待を寄せた。(宮崎 尚行)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請