綾部は元気集団 山崎主将「『声』の代にしたい」…近畿センバツ21世紀枠推薦校紹介(上)

21世紀枠京都府推薦校に選ばれた綾部の選手たち
21世紀枠京都府推薦校に選ばれた綾部の選手たち

 来春の第93回センバツ高校野球大会(2021年3月19~31日・甲子園)の21世紀枠推薦校が、北海道を除いて出そろった。関西スポーツランドでは、近畿地区の推薦校を3週にわたって紹介する。第1回は畝傍(うねび、奈良)と綾部(京都)。近畿を含む9地区の21世紀枠候補は12月11日に決まり、来年1月29日の選考委員会で3校が決定する。

 綾部は今秋の京都府大会をサヨナラ勝ちや逆転勝利で勝ち上がり、8強入りを果たした。準々決勝で近畿大会出場の乙訓に1―5で敗れたが、他校の模範となるハツラツとしたプレーや、府北部の丹波地区に位置しながら、安定した実績を残したことなどが評価された。山崎晃汰主将(2年)は「元気良さが自分たちの取りえ。技術よりも心の面で(意識を)上げていきたい」と気持ちを新たにした。

 36人の部員は特進など3つのコースに分散している。そのため、全員そろって練習を開始できるのは平日なら週1日だけ。学校周辺は山がちで、冬場は日暮れが早い。グラウンドは他部と併用で照明の数も少なく、ボールを使った練習時間は約1時間に限られる。それでもフリー打撃を木製バットで取り組む工夫など、主将は「自主性につながっている」と前向きに捉えている。今年4月から指揮する飯高英世監督(44)は「(選ばれたのは)この子らが頑張ってくれた証し」と努力を思いやった。

 21世紀枠候補校に推薦されたのは、2003、04年度生まれの選手らが生まれて間もない06年以来2度目。「楽しんでできるのが綾部のいいところ。『声』の代にしたい」と山崎主将。京都北部の公立校として初の聖地を目指し、活気あふれる綾部ナインが吉報を待つ。(菅原 美沙)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請