プレーオフ制した「2勝目をすぐにしたいと思っていた」…金谷拓実に聞く

優勝トロフィーを手に笑顔の金谷
優勝トロフィーを手に笑顔の金谷

◆男子プロゴルフツアー ダンロップフェニックス最終日(22日、宮崎・フェニックスCC=7042ヤード、パー71)

 “大物ルーキー”金谷拓実(22)=東北福祉大4年=がプロ初優勝を飾った。1打差3位で出て3バーディー、1ボギーの69で回り、通算13アンダーで並んだ石坂友宏(21)=日本ウェルネススポーツ大3年=とのプレーオフ(PO)を4ホール(H)目で制した。昨年の三井住友VISA太平洋マスターズで史上4人目のアマチュア優勝を飾って以来の通算2勝目。プロ転向3戦目の初Vは、日本人では13年松山英樹の2戦目に次ぐ2番目のスピード記録となった。

 ◆拓実に聞く

 ―今の気持ちを。

 「小さい頃からよくテレビで見ていた大会で、歴代の優勝者(尾崎将司、ウッズ、ケプカら)の名前を見てもすごい選手ばかり。その中に自分の名前を刻めてうれしい」

 ―この喜びを誰に?

 「両親に一番伝えたい。自分のことを一番応援してくれている」

 ―アマの時の優勝との違いは。

 「やっぱり2勝目をすぐにしたいと思っていた。1勝しただけでは本当の力だと思われないので」

 ―石坂とのPO。

 「切磋琢磨(せっさたくま)してお互い良いプレーができた」

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請