【阪神】ドラ4の立命大・栄枝裕貴は“ジョー流”麻雀でナインと交流だ…将来の夢「プロ雀士」だった『エダキャノン』

仮契約を終え、色紙に目標を書いた阪神ドラフト4位の栄枝裕貴(球団提供)
仮契約を終え、色紙に目標を書いた阪神ドラフト4位の栄枝裕貴(球団提供)

 阪神からドラフト4位で指名された立命大・栄枝裕貴捕手(22)が22日、京都市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金5000万円、年俸800万円で仮契約した。立命大野球部のイヤーブックの将来の夢に「プロ雀士」と記していたイケメン。「冗談半分です」と照れ笑いしたが、阪神OBの名捕手・城島健司氏(現ソフトバンク球団会長付特別アドバイザー)がマージャンで同僚と交流を図っていたことを知ると、賛同した。

 「野球の話になったり、この人はどういう人なんだろうとか分かってくる。いい方向に働くのではないかと思う」。マージャンは瞬時の判断や読みなどが求められる頭脳ゲーム。城島氏は「投手全員とするのが一番。性格が分かる」と心の距離を縮めていた。栄枝も「始めて2年もたっていないですけど、読み合いのゲーム。捕手につながる」と実感を抱く。

 本業の実力も折り紙付き。梅野と正捕手を争う活躍が期待され、二塁送球1・8秒の強肩が大きな武器だ。「(大学の)チーム内で『エダキャノン』といわれたことはある。開幕1軍を狙えるように」。ジョー流コミュニケーションを活用しつつ、信頼される扇の要を目指す。(小松 真也)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請