【楽天】ドラ2の法大・高田孝一 “オリ由伸流”「逆立ち&ブリッジ」トレで急成長

仮契約を終え、ポーズを見せる楽天ドラフト2位の法大・高田(球団提供)
仮契約を終え、ポーズを見せる楽天ドラフト2位の法大・高田(球団提供)

 楽天からドラフト2位指名を受けた法大・高田孝一投手(22)が22日、都内で入団交渉に臨み契約金7000万円、年俸1100万円で合意。球界を代表する投手となっている同年齢のオリックス・山本由伸と同じ「逆立ち&ブリッジ」トレーニングで急成長したMAX155キロ右腕は「ファンに信頼される投手になりたい」と活躍を誓った。

 183センチ、91キロのマッチョなボディーの持ち主だが、機器を使っての筋力トレは半年ほど前にやめている。きっかけはコロナ禍による活動自粛。大学の施設が使えなくなり体づくりに四苦八苦していた時に、ネット動画で由伸式トレに出会った。自分の体重を利用し、鍛える部位を意識しながら負荷をかけることで「イメージ通りに体を動かせるようになった」という。フォームのバランスもよくなり、球速と制球力もアップして一気にドラフト上位候補に浮上した。

 石井監督が「先発もリリーフも枠は空いている。キャンプで適性を見て判断したい」と期待する即戦力。指揮官のメッセージを聞いた剛腕は「与えられたポジションで仕事をまっとうします」と力強く言い切った。(星野 和明)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請