国立劇場で出演者1人がコロナ陽性 「11月歌舞伎」第2部が急きょ中止

 国立劇場などを運営する独立行政法人日本芸術文化協会は22日、「11月歌舞伎公演」(25日まで)第2部の出演者1人に発熱の症状があり、医療機関でPCR検査を受けたところ、新型コロナウイルスの陽性が確認されたと発表した。

 この日から第2部を中止として、保健所の指示を待って23日以降は対応を協議するという。決定次第、公式サイトなどで発表する。同劇場では「引き続き、お客様ならびに出演者、スタッフの安全、安心を最優先に、感染拡大防止に取り組んでまいります。ご迷惑とご心配をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます」としている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請