貴景勝が照ノ富士との優勝決定戦の末、涙の大関初優勝 来場所初の綱取りへ「強ければ勝てるし、弱ければ負ける」

優勝決定戦 貴景勝(左)は押し出しで照ノ富士を下す(カメラ・清水 武)
優勝決定戦 貴景勝(左)は押し出しで照ノ富士を下す(カメラ・清水 武)
八角理事長(右)から賜杯を受け取る貴景勝(カメラ・清水 武)
八角理事長(右)から賜杯を受け取る貴景勝(カメラ・清水 武)

◆大相撲11月場所千秋楽(22日・両国国技館)

 大関・貴景勝(24)=千賀ノ浦=が2敗同士の優勝決定戦で、小結・照ノ富士(28)=伊勢ケ浜=を下し、自身2度目の優勝を飾った。

  • 貴景勝
  • 貴景勝

 本割で敗れ優勝決定戦でつかんだ賜杯は大関としては初めて。出場番付最高位としての意地を見せた。

  • 貴景勝(右)を浴びせ倒しで破った照ノ富士(カメラ・清水 武)
  • 貴景勝(右)を浴びせ倒しで破った照ノ富士(カメラ・清水 武)

 昇進を諮問する横綱審議委員会には「大関で2場所連続優勝あるいはそれに準ずる成績」との内規がある。大関昇進後は初めて賜杯を抱いた貴景勝は、来年初場所(来年1月10日初日、両国国技館)で初の綱取りに挑む。

 今場所は、2場所連続で初日から白鵬(宮城野)、鶴竜(陸奥)の両横綱が休場。大関・朝乃山(高砂)が3日目、新大関・正代(時津風)も5日目から休場し、2横綱2大関が不在の異常事態となった。一人大関となった貴景勝は、連勝で逆転Vを狙う照ノ富士の挑戦を退けた。

 涙ぐんで土俵下でのインタビューを受けた貴景勝は、綱取りについて聞かれると「小学校から相撲やってきて毎日強くなりたいと思ってやってきました。強ければ勝てるし、弱ければ負ける、自分と向き合ってやっていきたい」と話した。

取組結果
優勝決定戦 貴景勝(左)は押し出しで照ノ富士を下す(カメラ・清水 武)
八角理事長(右)から賜杯を受け取る貴景勝(カメラ・清水 武)
貴景勝
貴景勝(右)を浴びせ倒しで破った照ノ富士(カメラ・清水 武)
すべての写真を見る 4枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請