馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 阪神

真打ちか(栗東)

 こんにちは、山本です。今日も阪神競馬場からのパッチパチ。久々ですね、G1が行われている競馬場からの更新は。ではでは、早速行ってみましょうか。

 さて、勤務の都合上、来週の更新は恐らく後半からになります。ということで、その頃までにまだ盛り上がっているのかなと思っているのが、野球の日本シリーズ。昨日の初戦は菅野投手と千賀投手の投げ合いということで、しっかりとゲームを見てましたよ。ところが、巨人は序盤の失点こそともかく、中盤に攻めあぐねているなと思っていると、相手にアッサリと追加点を許すガックリな展開。終盤に周東選手にまで盗塁を許してしまった。昨日が天王山だと思っていただけに…。

 まぁ、坂本選手と丸選手にヒットは出たことにはホッとひと息。過去に数回しか日本シリーズは取材してないんですが、シリーズ中に絶不調に陥る「逆シリーズ男」と呼ばれる人がホントに出るんですよ、この短期決戦。あとは岡本選手に一本(もちろんヒットでいいんですよ)が出れば。せめて、来週末はまだ野球を楽しみたいものです。

 ということで、この日本シリーズと世紀のジャパンCが行われる来週に期待を高めつつ、当ブログはブレずに2歳馬の本題へ。明日の競馬を中心に見ていきましょう。

 明日は阪神3Rで注目の良血馬対決が実現します。友道厩舎の【ミスフィガロ(牝、父ディープインパクト)】はワグネリアン、矢作厩舎の【ブラックジュエリー(牝、父ディープインパクト)】はロジャーバローズの全妹。つまりはダービー馬の全妹対決になります。ちなみに、東京4Rにはレイデオロの全弟、アルマドラードも登場。そういえば、先週の黄菊賞はロジユニヴァースの半弟【アドマイヤザーゲ(牡、父ドゥラメンテ)】が勝利。やはり、ダービー馬の下という響きはズシリと重いものがあります。

 その阪神3Rは特にミスフィガロに注目でしょうか。デビュー前の調教は地味で、正直使ってからかなと思っていたんですが、道中は少しスムーズさを欠きながらも直線では際立つ伸び脚。友道調教師も「思った以上」と振り返ります。「マイルは忙しかったので、今回はいいと思う。軽い芝の実戦でよかったからね」。一つ気になっていたのは小柄な馬なので、馬体面だったんですが、減ってはいないとのこと。この馬、母ミスアンコールの最後の子供になりますし、まずは無事に1勝を期待ですね。

 一方のブラックジュエリーはまだ成長途上という感じなんですよね。「まだ走りがバラバラという感じで坂路で動けないし、追ってからの脚を使えない。能力はあると思うので、その点に期待ですね」とは安藤助手。ただ、デビュー戦の東京は重い馬場でしたから、今の時計が速い阪神でどんな競馬をするか見てみたい気はします。さらに、ここはジェンティルドンナの娘になる【ジェラルディーナ(牝、父モーリス)】も参戦するし、要注目の一戦と言えます。

 阪神9Rの秋明菊賞では音無厩舎の【ピクシーナイト(牡、父モーリス)】が出走します。この馬、デビュー前から生野助手の評価が高くて、当ブログでも何度か取り上げてきたと思います。確かにデビュー戦では福永Jが「とても背中がいい。先々まで楽しみです」と話していました。そんな馬の2戦目ですが、今回も雰囲気はよさそうですね。「しっかりと時計を出していますし、状態はよさそうです。力は出せると思います。チャンスはありそうです」と生野助手。今回も同じ7ハロン戦ですが、走りから見ると、マイルまでは問題ないような感じはしますけどね。とにかく、無傷の2連勝なるか、ですね。

 東京では東京スポーツ杯2歳Sが行われます。こちら、来年からG2に昇格するかもしれないレースですね。メンバーを見て、まず驚いたのが来週以降の自己条件に回ると思っていた須貝厩舎の【ヴェローチェオロ(牡、父ゴールドシップ)】がこちらに回ってきたこと。頭数が少ないこともあったんでしょうけど、このパターンで使う&横山典Jといえば、ステラヴェローチェのサウジアラビアRCと同じなんですよね。少し不気味です。

 今週の2歳戦で大攻勢の友道厩舎は【ジュンブルースカイ(牡、父ドゥラメンテ)】。前述したワグネリアン以来の勝利を狙います。この馬は何度か書いてますが、実際に乗った人間の評価が非常に高い馬。「見た目は走るという感じの馬じゃないけどね。競馬センスもあるし、前走(萩S)も悪くなかったと思う」と友道調教師は評価します。相手なりに走れる強みがここでも生きるのか。

 そして、安田隆厩舎の【ダノンザキッド(牡、ジャスタウェイ)】です。宝塚記念当日の新馬でデビューしたんですが、その勝ちっぷりがとにかく強烈だった。直線で内に切れ込みながらも、後続を突き放す脚の速いこと。その2着馬が続く未勝利を圧勝する高橋忠厩舎のワンダフルタウン(来週の京都2歳Sに出走予定です)なんですから、その勝利にかなりの箔がついた感じなんですよね。で、今回が注目の復帰戦。「大きく変わった感じはないですけどね。まだ、キャリア一戦の馬。今回が試金石になると思います」と安田隆調教師は慎重なんですが、まだ超大物と言える存在は正直いないかな、と思っている2歳牡馬戦線。ここでの勝ちっぷり次第で、一気に主役の座をつかみ取る可能性は十分にあるでしょう。

 ということで、ネット限定「厳選馬」ですが、本日は阪神9Rの3ピクシーナイトに。無傷の2連勝で朝日杯FSへ向かうことを期待です。続いては「馬券王への道 延長戦」をどうぞ。

阪神2R・9コパノピッチング(前走の直線での脚にダート適性感じた。2戦目で前進必至)

阪神10R・3プリマヴィスタ(体調の維持が難しい馬だが、この中間は2週連続で攻めている。初Vの舞台で変わる)

阪神12R・12ダノンシティ(前走5着は展開を考えると、かなり強い競馬。引き続き、この距離なら)

 今日はここまで、また次回です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請