豊島将之竜王、将棋日本シリーズJTプロ公式戦で4年ぶり優勝 決勝で宿敵・永瀬拓矢王座を破る

優勝を果たした豊島将之竜王
優勝を果たした豊島将之竜王

 将棋の第41回日本シリーズJTプロ公式戦の決勝戦・豊島将之竜王(30)=叡王=対永瀬拓矢王座(28)戦が22日、東京都渋谷区のスタジオ「シャトーアメーバ」で行われ、先手の豊島竜王が135手で勝ち、4年ぶり2度目の優勝を果たした。

 今期の叡王戦7番勝負で2持将棋、1千日手を含む「9番勝負」の死闘(豊島叡王が4勝3敗2持将棋で奪取)を演じた両者。対戦成績は豊島6勝、永瀬7勝。今期は4勝4敗と拮抗する2人による決戦だった。

 後手の永瀬王座が意表の四間飛車に構え、先手の豊島竜王が居飛車穴熊に潜る序盤戦に。力勝負の中盤でペースを握った豊島竜王に対し、永瀬王座は2枚竜で重圧を掛けたが、穴熊の遠さを生かし切った竜王が冷静に寄せた。

 30日には王将戦の挑戦者決定プレーオフでも激突し、渡辺明王将(36)=名人、棋王=への挑戦権を懸けて戦う2人。まだまだ大勝負は続く。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請