【東都大学準硬式野球】東海大・松本主将「優勝を狙えるチームです」

ベストナインを獲得した東海大・松本
ベストナインを獲得した東海大・松本

 さきに終了した秋季リーグ戦1部で、2018年秋以来の1部復帰を果たした東海大。4位に終わったシーズンを、松本航輝主将(3年=東海大相模)が振り返った。

 戦うステージが違うだけで、見える景色は大きく変わる。「シンプルに楽しいです」と松本は声を弾ませた。1年秋、1部6位に終わって、入替戦にも敗れて2部転落。4季ぶりに戦う1部の舞台を存分に楽しんだつもりだったが、4勝6敗の4位に終わった。「勝ちたいです」と勝利への欲はさらに高まった。

 高校では3年夏に20番を付けてメンバー入り。一ケタこそもらえなかったとはいえ、他校に進んでいればレギュラーになっていてもおかしくない力を持っていた。この秋、東海大からは松本以外に青柳玖馬(2年=東海大相模)、佐々木憩(4年=東海大諏訪)、高部翔太(2年=東海大相模)の3人がベストナインを獲得。9人のほぼ半数を占めたが、弱かったのは投手陣。コマ不足もあり、松本がマスクを脱いでマウンドに上がった試合は6試合もあった。10月12日の国士舘大戦は4点をリードされた9回、3点を返したがあと一歩及ばず。「いい感じで終わるのではなく、決めきるチームでないと」と悔しがった。

 松本以外にも東海大付属の強豪校でプレーした選手は多く、個々の能力の高さは他校に劣らない。「優勝を狙えるチームです。学生主体でも戦えるようにやっていきたい」と松本は頂点を見すえていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請