馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 阪神 中京

【ジャパンC】無敗3冠牝馬デアリングタクトが坂路で57秒1の調整 杉山晴師「予定通りの動き」

洗い場で洗い終わり馬房に戻るデアリングタクト
洗い場で洗い終わり馬房に戻るデアリングタクト

 ジャパンC・G1(11月29日、東京競馬場・芝2400メートル)に挑む3冠牝馬のデアリングタクト(牝3歳、栗東・杉山晴紀厩舎、父エピファネイア)が11月22日、滋賀・栗東トレーニングセンターの坂路で軽めの追い切りを行った。池水健児調教助手が騎乗し、夜明け前に坂路を単走で57秒1―13秒7。楽な手応えで最後まで駆け抜けて、順調ぶりをアピールした。

 秋華賞を制し、秋2戦目で状態は上向き。杉山晴調教師は「57、8秒くらいのつもりでしたが、予定通りの動きでした。先週の日曜も同じくらい(15日に坂路で56秒5―13秒6)のところをやったのですが、当時よりも、できているんじゃないでしょうか。今もしっかりカイバを食べています。イメージ通りに調整できていて、不安はありません」と手応えありの表情だった。

 芝G1で歴代最多8勝のアーモンドアイ、同世代の3冠牡馬コントレイルも出走する注目の一戦だが、こちらは順調そのもの。25日に予定の最終追い切りでは、18日の1週前追い切りに続いて主戦の松山弘平騎手が騎乗する。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請