恒松祐里、新型コロナに感染 現在の容体は安定

恒松祐里
恒松祐里

 女優の恒松祐里(22)が、新型コロナウイルスに感染したことが21日、分かった。所属事務所が公式サイトで発表した。

 サイトでは「発熱の症状があったため、医療機関にて受診、医師の指導によりPCR検査を受検したところ、11月20日に陽性であると判断されました」と報告。現在の容体は安定し「保健所の指示に従い療養する予定です」とつづった。

 恒松は2005年に子役デビュー。公開中の映画「スパイの妻」「タイトル、拒絶」などに出演している。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請