【巨人】戸郷翔征を宮本コーチ絶賛「ジャイアンツを背負って立つエースになると確信」1回無失点

7回から2番手でマウンドに上がった戸郷翔征(カメラ・中島 傑)
7回から2番手でマウンドに上がった戸郷翔征(カメラ・中島 傑)

◆SMBC 日本シリーズ第1戦 巨人1―5ソフトバンク(21日・京セラドーム大阪)

 巨人の戸郷翔征投手(20)が4点ビハインドの7回から2番手で登板。2死から甲斐に四球を与えたが、直後の二盗を大城が阻止(最初はセーフの判定も原監督のリクエストが成功)。1イニングを無失点とした。

 戸郷は昨年の日本シリーズ第3戦(東京D)で同点の4回に登板。1イニング持たず4点を失い、敗戦投手となっていた。今季は開幕ローテを勝ち取り、9勝をマーク。大舞台でも成長した姿を見せた。宮本投手チーフコーチは「彼のいいところは変わりっぱなドーンといける。それが彼の良さで、今日もそういったピッチングをしてくれた。将来ジャイアンツを背負って立つエースになるということは今日、見ていて確信できた。素晴らしいピッチャーだと思いました」と絶賛した。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請