クラスターで業界大打撃の屋形船、無料乗船会で安全PR「小池都知事もぜひ」

船内はテーブルにアクリル板が置かれるなど感染対策が施されていた
船内はテーブルにアクリル板が置かれるなど感染対策が施されていた
屋形船のデッキに出て東京ゲートブリッジを眺める人たち
屋形船のデッキに出て東京ゲートブリッジを眺める人たち

 屋形船東京都協同組合は21日、新型コロナウイルス感染防止対策を施した屋形船で楽しんでもらうため、都内4か所で屋形船の無料乗船会を行った。

 江戸川区の葛西臨海公園発着コースでは、第1回に約20人が手指消毒をして乗船。密を避けるため、定員約120人の船だが6分の1程度に抑えた。テーブルには飛まつ防止のアクリル板が置かれ、窓を開けて換気も徹底した。

 約1時間、水上から東京ディズニーリゾート、東京ゲートブリッジなどの景色を楽しんだ江戸川区の30代女性は「屋形船は初めて乗ったが、思ったより揺れずに快適」と笑顔。感染対策についても「風通しもいいし、これくらいの人数なら安心できる」と話した。

 都内では1月に屋形船で行われた新年会がきっかけとなり、クラスター(感染者集団)が発生。屋形船業界はキャンセルが相次ぐなど、大きな打撃を受けた。同組合は今年について「屋形船業界は、新型コロナウイルス感染症による屋形船に対する風評に始まって、外出自粛や東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の延期と、大きな経済的損失に直面しています」と危機感をあらわにしている。

 同組合員を対象とする緊急アンケート結果によると、屋形船業界の現状は、前年比で1~9月の売上高が90%減。同時期の乗客数は91%減。期待の「Go To キャンペーン」の効果も「弱い」となった。

 組合では「コロナに負けない! 江戸からの伝統を絶やさないために『業界一丸となってコロナ対策を実施し安心安全な屋形船をめざす』プロジェクト」をたちあげた。5日には感染対策の組合員間の情報共有を図る「情報共有会」を実施。さらに、21~23日に感染対策を施した屋形船を体験してもらう「無料乗船会」を企画した。36の屋形船事業者が参加。葛西臨海公園、日の出、桜橋、お台場海浜公園の4か所で3日間計約720人が利用する予定だ。

 乗船した江戸川区の30代男性は「屋形船でクラスターが発生したことをもう忘れていた。4月や5月はコロナ関連のあおりがすごかったが、今は感染者が多くても、もう慣れてきている。屋形船は風通しがいいし、大丈夫だと思う。次はお酒も楽しみたい」と振り返った。

 屋形船の「あみ達」(江戸川区)の女将(おかみ)・高橋並子さんは「お子さんたちにも喜んでいただけたので良かったです。屋形船は窓に囲まれていて、換気も良くて安心、安全。『水の都』東京ですから、小池(百合子)都知事にもぜひ乗っていただいて、安全であることをPRしていただきたいですね」と熱望していた。

船内はテーブルにアクリル板が置かれるなど感染対策が施されていた
屋形船のデッキに出て東京ゲートブリッジを眺める人たち
すべての写真を見る 2枚

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請