【巨人】戸郷翔征が1イニング無失点 昨年の2/3回4失点の悪夢を払拭

力投する2番手・戸郷翔征
力投する2番手・戸郷翔征

◆SMBC 日本シリーズ2020第1戦 巨人―ソフトバンク(21日・京セラドーム大阪)

 巨人の戸郷翔征投手(20)が7回から登板し、1イニングを無失点に抑えた。

 先頭の牧原を空振り三振に抑えると、松田を149キロ直球で左飛、2死から甲斐に四球を許したが、続く周東の打席で二盗を狙った甲斐がタッチアウトとなり、無失点に抑えた。

 戸郷は昨年のソフトバンクとの日本シリーズ第3戦の4回から登板したが、3安打2四球4失点でわずか2/3回で降板。悔しい思いをしていたが、2度目の日本シリーズ登板で悪夢を払拭した。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請