【巨人】菅野智之が6回4失点で降板 栗原に3安打4打点を許す

2回無死一塁、栗原に右越え2ランを打たれた菅野(捕手・大城)
2回無死一塁、栗原に右越え2ランを打たれた菅野(捕手・大城)

◆SMBC 日本シリーズ2020第1戦 巨人―ソフトバンク(21日・京セラドーム大阪)

 巨人の菅野智之投手(31)が6回に痛恨の2失点を喫した。

 2回無死一塁からソフトバンク・栗原に2ボールから真ん中に入ったスライダーを右翼席まで運ばれて2失点。その後は5回まで2失点と試合を作った。

 しかし、打線が相手先発・千賀の前に5回までわずか2安打で無得点と沈黙した。

 1点が重い展開となった。菅野は6回、2死から柳田に死球、グラシアルに右前安打で一、三塁とされると、栗原に今度は左中間を破る2点二塁打を浴びた。

 栗原には4回にも二塁打を浴びるなど3安打を許して攻略され、6回4失点で降板した。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請