【RIZIN】ユーチューバー朝倉未来、負けた 斎藤裕が初代フェザー級王者に

勝ち名乗りを受ける斎藤裕(左)と、RIZIN初の黒星に肩を落とす朝倉未来(右)(C)RIZIN FF
勝ち名乗りを受ける斎藤裕(左)と、RIZIN初の黒星に肩を落とす朝倉未来(右)(C)RIZIN FF
斎藤裕(左)と朝倉未来(C)RIZIN FF
斎藤裕(左)と朝倉未来(C)RIZIN FF
トロフィーを手に雄たけびを上げる斎藤裕(C)RIZIN FF
トロフィーを手に雄たけびを上げる斎藤裕(C)RIZIN FF
朝倉未来
朝倉未来

◆RIZIN.25 ▽第10試合 フェザー級タイトルマッチ MMAルール 〇斎藤裕(判定 3―0)朝倉未来●(21日、大阪城ホール)

 人気ユーチューバーの朝倉未来(28)=トライフォース赤坂=が、RIZINフェザー級初代王者決定戦で第10代修斗世界フェザー級王者・斎藤裕(33)=パラエストラ小岩=に判定0―3で敗れた。

 1回は様子を見る両者。2回に入ると斎藤に距離を詰められテイクダウンをとられる朝倉。3回にも再びテイクダウンを奪われ、劣勢で迎えた残り1分。カウンターで斎藤をぐらつかせると、両者足を止めて打ち合い。両者決めきれず判定にもつれ込んだ。

 初代RIZINフェザー級王者に輝いた斎藤はリング上で「勝利を信じて会場に来てくれた皆様ありがとうございます。対戦を受けてくれた朝倉選手ありがとうございました。またこのリングで戦い続ければ出会うと思うのでその時はお願いします。これからもっともっと実力を証明していきたいと思います」と涙ながらに語った。

 ◆朝倉 未来(あさくら・みくる) 1992年7月15日、愛知県生まれ。 中学・高校時代は喧嘩に明け暮れ、あまりの喧嘩の強さに敵無し状態となり、禅道会豊橋道場に入門。12年にDEEP CAGEIMPACT浜松大会に出場し、1回53秒KO勝利で総合格闘技デビュー。13年からはTHE OUTSIDERへ参戦。15年ニ65-70キロ級タイトルマッチで王座を奪取。60-65キロ級タイトルマッチを獲得し、THE OUTSIDER史上初の二階級制覇の快挙を果たした。17年3月に韓国のROAD FCで海外初挑戦。18年3月に主戦場だったTHE OUTSIDER卒業を発表した。同年8月のRIZIN.12名古屋大会でRIZIN初参戦。元UFCファイター・日沖発、リオン武、ルイス・グスタボ、矢地祐介らを破っている。

 ◆斎藤 裕(さいとう・ゆたか) 1987年10月8日、秋田県生まれ。10年に行われた第17回全日本アマチュア修斗選手権ライト級に出場し3位の成績を収めると、11年11月に修斗青森大会においてプロデビュー。15年には第7代環太平洋、16年には第10代フェザー級のベルト奪取した。17年には宇野薫、18年にはリオン武から判定勝利。19年には高谷裕之からKO勝利と、ビッグネームたちから勝利を収めた。20年8月のRIZIN.23でRIZINデビューを果たすと、Rebel FCフェザー級王者の摩嶋一整から衝撃的TKO勝利を観客に見せつけた。

勝ち名乗りを受ける斎藤裕(左)と、RIZIN初の黒星に肩を落とす朝倉未来(右)(C)RIZIN FF
斎藤裕(左)と朝倉未来(C)RIZIN FF
トロフィーを手に雄たけびを上げる斎藤裕(C)RIZIN FF
朝倉未来
すべての写真を見る 4枚

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請